スポンサーサイト

  • 2019.01.20 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    おてんとうさま

    • 2018.08.19 Sunday
    • 21:04

     

    こんにちは! みさきです。^^

     

    ここ数日、暑さが和らぎとても爽やかなお天気で、気持ちがよいですね!

     

     

    今年はこれまでにないような猛暑日も多かったですし、

     

    台風や大雨もあったので、このような過ごしやすいお天気になると

     

    ありがたい気持ちでいっぱいになります。

     

     

    地球、そして太陽のおかげで、私達は生かしていただいている。

     

     

    こうして気持ちよく過ごせる毎日は、当たり前のことではないんだなと

     

    改めて気づかせていただいた今年の夏。

     

    ”おてんとうさま”という言葉が、とても心に響くようになりました。

     

     

    おてんとうさま(お天道さま)とは、日本で昔から使われている

     

    太陽を敬い親しんでいう言葉であり、「天地をつかさどり、すべてを見通す超自然の存在」

     

    という意味もあるそうです。

     

     

    確かに昔、よく周りのおじちゃん、おばちゃんたちは

     

    「おてんとうさまはちゃんとみているよ!」とよく話していました。^^

     

     

    天道とは、「太陽が天空を通過する道」を指すそうですが、

     

    まだまだいろんな道具などもなかったからこそ、

     

    天体の動きや自然、人間の生活の有機的なつながりがよりリアルで、

     

    ”大自然の営みの中のひとつの生命としての自分をみる”という世界観が

     

    昔の日本の生活の中には、当たり前のように根付いていたのですね。

     

     

    そう思うとここのところの猛暑も気候変動も、私達人間にもっともっと

     

    自然、地球、太陽、天体の動きといった世界にまで視野を広げて生活するよう

     

    教えてくれているように思います。

     

     

    「おてんとうさまは、すべて見ている」

     

    日本人が当たり前にもっていたその謙虚な心と、今ここに生かされている感謝の気持ちを

     

    改めて、学び直していこうと思います!

     

    大和言葉

    • 2018.08.07 Tuesday
    • 00:20

     

    こんにちは!光里です。

     

    毎月2回、こちらのブログの過去ログ+最新のメンバーからのメッセージが、

     

    「☆新・地球文明の創造メールマガジン」で配信されています!

     

    (お読みになりたい方は、こちらから無料で登録して頂けます。^^)

     

    https://www.mag2.com/m/0001670848.html

     

     

    最新号の編集をしていて知ったのですが、

     

    数年前から注目されている「大和言葉」には、

     

    日本固有の言葉、という意味の他に、和歌、雅言葉(平安時代の言葉)

     

    という意味があるそうです。

     

    音が柔らかく美しい「大和言葉」は、とても雅な感じがします。

     

    平安時代というと、恋の歌が思い浮かびますが、

     

    人の心も、予期せぬ出来事も、

     

    日本の四季の美しさや、大いなる自然の働き、命を生かす恵みも、

     

    人の手ではコントロールできないものを敬い、感謝し、歓ぶ、

     

    想い、願いを込めて詠まれたものが、和歌なのだそうです。

     

    言葉に宿る力を「言霊」と言いますが、

     

    古の日本人は、様々なものに魂を込め、その瞬間を大切に、

     

    まさに、「今」を生きていた、のではないでしょうか。

     

    アセンションでも、過去や未来は存在せず、「今」だけが実在であり、

     

    「今」が変われば、過去も未来も変わると言われます。

     

    日本の心を受け継ぎ、明るい未来を創っていくために、

     

    心を込めて、今を生きていきましょう!!!

     

     

     

    100年ぶりの新しい桜

    • 2018.04.06 Friday
    • 10:14

     

    こんにちは!照子です。^^

     

    お花見は楽しめましたか?^^

     

     

    春になると、桜を愛する日本人の心があふれてきますね。

     

    春は、桜のニュースが多かったですね。

     

    長く愛されてきたソメイヨシノは、数十年たつ樹が多いため、

     

    病気になったり枝が折れてくる樹は、新しい品種に

     

    徐々に置き換えられていくのだそうです。

     

    2009年からソメイヨシノの苗木は販売されていないそうで、

     

    日本の春の桜も、ソメイヨシノをお母さんとする次の品種に

     

    受け継がれていくのだなぁと思うと、

     

    今まで美しく咲いてくれたソメイヨシノたちに感謝の気持ちで

     

    いっぱいになります。

     

     

    そして!

     

    100年ぶりに新種の桜も確認されたそうです桜

     

    紀伊半島南部に群生している桜が、今年、新種と判明したそうです。

     

    鮮やかなピンク色が特徴で、少し早めに咲くそうで、

     

    地元の方々は、早咲きのヤマザクラと思っていたのだそうです。

     

     

     

    自然界には調和のリズムがありますが、

     

    新しいものが見つかっていくことで、人間たちも、

     

    改めて自然界のリズムに、意識が向かっていきますね。

     

    自然界も、止まることなく、どんどん動いていて、

     

    そのリズムはなんて調和した一体感があるのだろうと思います。

     

    人も自然界と調和するようになると、もっとエネルギーが

     

    自然体で穏やかになると思います。^^

     

     

     

    生命の息吹、春の芽生えのときに、降り注ぐいのちの光に

     

    存分に共鳴していきたいと思いました。^^

     

     

    桜とともに、新しい時代へ。

     

     

     

     

     

     

     

    命のもとは?

    • 2017.05.12 Friday
    • 15:48

     

    こんにちは!光里です。

     

     

    こちらのクリスタル・チルドレンのイベント

     

    私も娘の愛那と一緒に、参加してきました!

     

     

    とってもワクワクで、キラキラで、楽しくて、

     

    参加者の心が自然に一つになれたような、素晴らしい一日でした!!!

     

     

    同時に、未来を担う子供たちに、本当に必要な教育って何だろう?と

     

    改めて想うきっかけにもなりました。

     

     

    最近、ある本の内容にとても感動したので、ご紹介させて頂きます^^

     

     

    『日本のこころの教育』(坂野勝悟著)

     

     

    以前から、日本は太陽の国であり、日本人は太陽民族だと

     

    言葉として知ってはいたのですが、

     

    本の中の、なぜ心臓が動いているか?というところを読んで

     

    そうか!!!と、すごく腑に落ちた感じがしました。

     

     

    本が書かれた平成13年当時、

     

    心臓を動かしているのは、太陽電池であると分かってきた、とあります。

     

    心臓の傍に、ソーラーパネルのような役割をする物質があるそうです。

     

     

    個人的には、それがハートのチャクラなのではないかな、と感じますが、

     

    私たちは無意識のうちに、太陽エネルギーを受け取っていて、

     

    自らの命そのものである、心臓を動かすパワーに替えている。

     

    本当に、日の本、日が本、太陽が命のもとなんだ!!!と思いました。

     

     

    それを分かっていて、命の源である太陽に、

     

    太陽を中心とした大自然に感謝し、大切にしてきた日本人。

     

     

    その象徴が、太陽のマークである日の丸だと分かったら、

     

    日本人の心を表す、なんて美しい国旗だろうか、と感じました^^

     

     

    子供たちが、同じように感じてもらわなくてもいいけれど、

     

    古来からの日本人の世界観、宇宙観を知った上で、

     

    自分がどう感じるか? どうしていきたいか?

     

    自分にとってのとびきりの真実を、見つけていってほしいな、と思います^^

     

     

     

    JUGEMテーマ:スピリチュアル/アセンションクリスタルチルドレン教育

     

     

    おかげさま

    • 2017.04.22 Saturday
    • 15:38

     

    こんにちは、杜和です^^

     

    新緑が眩しく美しい季節になりましたね^^

     

     

    私は子供の頃から「木漏れ日」が大好きです ♡

     

    風でサワサワとそよぐ葉っぱの間から

     

    キラキラと優しく降り注ぐ「木漏れ日」

     

    とってもハート♡が歓んでリラックスできて癒されて

     

    深呼吸がしたくなって、自然の空間と一体化して

     

    嬉しくなって幸せ♡になります^^

     

     

    なんて素敵な贈り物♡といつも感動して

     

    ありがとうございます!って歓びで満たされて

     

    心も体も元気になっています^o^/

     

     

    なぜ幸せを感じるのかって???

     

    それが<愛>って気づいたとき

     

    この地球に生まれたときから地球に宇宙に

     

    ずっとずっとその<愛>で育まれ護られ

     

    愛されてきたと感謝と歓びで号泣でした〜

     

    人も地球の宇宙の一部で<愛>が本来の姿♡

     

     

    日本人は「木漏れ日」に「おかげさま」(御蔭様)

     

    って感謝を現してきたことも感動です!

     

    日本の言霊は美しくて繊細でそこに<愛>を感じます


     

    何時も幸せなハートでいて、この<愛>を

     

    みんなのハートに贈って、みんなで幸せなハートになって

     

    地球を<愛の星>にしていきたい♡


     

    生命エネルギー溢れる新緑の季節

     

    自然の中に<愛>を感じに出かけてみましょう!

     

    そしてハート♡ to ハート♡で

     

    みんなで幸せを拡げていきましょう! 

     

     

     

     

     

     

     

    日本の美 桜

    • 2017.04.10 Monday
    • 07:38

     

    こんにちは、大和です。

     

    桜の季節になりましたね ^ ^

     

    満開の桜を眺めていると、

     

    その美しさに心を奪われます。

     

     

    一年に一度ですが、

     

    儚さの中に、美しさ

     

    そして、尊さもおぼえます。

     

     

    日本を象徴する桜ですが、

     

    伝統の中に、和の心を感じさせられ、

     

    そして、なにか日本人の心に響いてきますよね。

     

     

    〜桜舞い  美しさ満ちる  大和心に〜

     

    そんな心境になりました ^ ^

     

     

    日本の良さ、そして和の心が

     

    日本中に、世界に、広がるといいですね!

     

    それでは、また!

     

    アセンションに向かって

    • 2017.02.15 Wednesday
    • 00:10

    JUGEMテーマ:スピリチュアル/アセンション
     

    みなさま、こんにちは
    杜羽です^^
     
    日本には、美しい言葉が沢山ありますが
    私は「やわす」という言葉が好きです
    柔らかくってなんだかほっとします
    古い言葉で、意味は
    調和する、和合する、一つとなる、和らぐなどです
    日本人であれば意味を聞かなくても
    響いてくるものがあるのでは?
    「深い核心レベルの融合」という意味もあるそうです

    この「やわす」と「つくす」で
    「おもてなし」が生まれるということです

    相手を思いやる心、慈しむ心は長い歴史の中
    日本人の心にDNAに受け継がれてきました
    私心が無い純粋な行動でかつ調和して
    心に歓びや感動を与える、心と心の響き愛

    日本の伝統文化の中にも見ることができる
    奉仕し、思いやりを持って調和する美しい心
    日本人はライトワーカーの資質をみんなが持っている
    その準備をしてきています
    あとは心の扉を開いて一歩を踏み出すだけ

    それはあなたの心の奥から流れてくる何か
    本当のあなた=ハイアーセルフはそれを
    知っていて感じていませんか?
    アセンションに向かって
    みんなが幸せになる世界への扉を開けて
    みんなで繋がって
    歓喜の世界進んでいきましょう

    日本の装い

    • 2017.02.07 Tuesday
    • 23:02

     

    みなさま、こんにちは!

     

    光里です。

     

    最近、日本文化について少しずつ勉強をしているのですが、

     

    今日は、着物の着付けのお教室に行ってきました!

     

    自己流で着ることはできるものの、やはりプロの先生に教えて頂くと、

     

    どこにも無駄がなく、すっきりと着れて、かっこいい^^

     

    着物には中心線というものがあり、中心線が真っ直ぐであること、

     

    体の軸と合わせることから始まります。

     

    心の軸が通っている人は、「一本筋の通った人」などと言われますが、

     

    着物の着方も、軸から始まるというのが、面白いと思いました!

     

    まだまだ勉強が必要ですが、日本文化を知っていくと、

     

    その根底には、神聖な魂の器としての自己を整え、

     

    人の本質である、神性をいかに発揮していくか?

     

    という、神ながらの道へと続いていくと感じます。

     

    本当の心、本当の姿に還っていくことは、とても幸せで自由なこと。

     

    アセンションもまた、本当の自分に還る道、と言えると思います。

     

    アセンション=幸せを、体験しませんか^^

     

     

     

    JUGEMテーマ:スピリチュアル/アセンション

    PR

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM