秋の声に耳を澄まして

  • 2017.09.19 Tuesday
  • 20:51

 

あれ まつむしが ないている

 

ちんちろ ちんちろ ちんちろりん…

 

こんばんは♪あいかです!

 

静かな夜、虫の声が響いています。

 

秋ですね。

 

 

虫の他にも

 

川の水の流れる音、かすかに揺れる木の葉の音、

 

帰りを急ぐ自転車の音…

 

本当に様々な音が聴こえてくるのですが、

 

 

音に意識を集中していると

 

頭がとてもすっきりクリアになるんです♪

 

 

すうっと雑念が消えるんですね。

 

 

瞑想の導入でも、

 

聴覚に集中することがありますが

 

他の五感に比べて集中しやすいようですよ!

 

 

みなさまも

 

自然の音に耳を澄ましてみませんか♪

 

ぜひ!いま、この瞬間に♪♪

 

 

 

高く澄んだ秋の空のように

 

頭がすっきりしませんか?

 

そして、自分と大自然がつながっている!

 

ぴったりと合わさっている!

 

そのように感じませんか?

 

 

命の源につながっていると

 

私たちは安心していられます。

 

 

次から次へと心配や不安が渦巻くときは

 

命の源を忘れてしまっている時です。

 

 

耳を澄ましてみる、

 

そんな簡単なことでも

 

意識を切り替えるきっかけになりますよ♪

 

 

どうぞ心地よい秋をお過ごしください(*^^*)

 

愛=生命、生命=愛

  • 2017.07.11 Tuesday
  • 01:20

 

 

こんにちは! みさきです。^^


みなさまは、先日 神宮球場で行われた高校野球

 

東西東京の合同開会式での選手宣誓をニュースなどでご覧になられたでしょうか?

 

 

「宣誓、私たちは野球を愛しています。


私たちは野球に出会い、野球に魅せられ、

 

野球によってさまざまな経験を重ねて、この場所に立っています。

 

(中略)

 

青春のすべてをかけて戦うことのできる幸せと喜びを、

 

伝えてくれるすべてのみなさまに感謝しながら、

 

野球の素晴らしさが伝わるよう、野球の神様に愛されるように、

 

全力で戦うことをここに誓います。」

 


そう力強く宣誓をした早稲田実業のキャプテン 清宮選手。


高校生の少年が語る”愛している”という言葉は、

 

生命の喜びと煌きとともに、太陽の照りつける球場に

 

清々しく響きわたっていました。

 

 

そして、この”野球”という言葉を、私たちひとりひとりが

 

一番大事にしているものに置き換えてみるとき、

 

この清宮選手の言霊は、より深く心に沁みてくると思いました。

 


自分の生命のすべてをかけて、

 

自分が心から愛していることを、感謝とともに、やる!

 


すべてをみてくださっている神様に愛されるくらい

 

全力を尽くす!

 

 

それが、本当に”生きる”ということ、生命の醍醐味であり、

 

まさに、愛=生命、生命=愛なのだと思います!

 

地に足をつけて花を咲かせていきましょう!

  • 2017.06.21 Wednesday
  • 00:24

 

 

こんにちは、杜和です^^

 

梅雨の時期、6月中旬から8月初旬にかけて

 

美しい花を咲かせるお花に蓮の花があります

 

蓮の花を見ると自然に心が和らいで

 

豊かになって幸せを感じます

 

 

花ことばは「清らかな心」「神聖」「沈着」などですが

 

蓮の育つ姿には奥深いものがあるようです

 

 

蓮の花は真水に近い綺麗な水だと花が小さく

 

泥水が濃いいほど大輪の花を咲かすのだそうです!

 

泥水は人生に例えると苦境や困難で

 

そのなかでスッと立上がって清らかで美しい花を咲かせる

 

悲しいことや辛いことがあってそのうえで

 

美しい花を咲かせることができる

 

それがハート(こころ)の思いや豊かさ=真心に

 

繋がっていくように感じます

 

物事に動じない凛とした気高さ

 

日本人のこころ、大和魂にも通じていますね

 

 

この地上でアセンション&ライトワークしていく

 

その姿を見せていただいているようです

 

地上にしっかりグラウディングするには

 

泥くささが必要!それがあったうえで

 

センタリングができてみんなのためのハートが開いていく

 

しっかりと地に足をつけ、

 

蓮の花のように美しい花を咲かせて

 

目の前のこの地上を

 

こころ豊かな幸せな世界にしていきましょう!

 

一所懸命の力

  • 2017.05.16 Tuesday
  • 12:00

 

こんにちは!あいかです♪

 

緑いっぱいの生命力あふれる5月、

 

いかがお過ごしですか?

 

 

ピカピカの太陽、心地よい風、

 

ぐんぐん育つ草木などを感じていると、

 

心と体がふわ〜っと開くようで、

 

 

なにかはじめたい!はじめよう!

 

動きたいな!行動したいな!と

 

感じている方も多いのでは?

 

 

 

毎瞬を生きる、私たちの命は、

 

願いを叶えたい!

 

使命を果たしたい!

 

本当の目的のために、生きたい!!

 

自分の使命のために

 

命を注ぎたいんだ!!!

 

そう強く願っているんじゃないかなと思います。

 

 

生まれてきた時の思い、意志を

 

忘れてしまっていたとしても、

 

必ず、心の中にあるはずです。

 

 

本当に、本当に、本当に、やりたいこと!!

 

今、それをやれる時が来ています!!

 

 

私は、自分が決めてきたことを、

 

生まれてきた目的を、絶対に、

 

あきらめたくありません!

 

 

みんなが幸せな世界を、

 

愛で調和した世界を

 

創っていきたい!!

 

 

じゃあ、

 

どうしたらできるんだろう?

 

何をしたらいいんだろう?って

 

ずっと考えていたのですが…

 

 

最近気づいたことがあります。

 

 

それは逆だったんです。

 

考えているから、できないんだって

 

気づいたんです。

 

 

あーでもない、こーでもないと

 

余計なことをグルグル考えてるから、

 

エネルギーは分散してしまって、

 

結局なんにもならなくて。

 

 

すぱッと、いらないことを切り離して、

 

たった一つに、ぎゅーっと集めたら

 

とても大きな力が出たんです!!

 

 

「一所懸命」の字のごとくですね。

 

 

愛すること「だけ」。

 

 

分かっていて、やっているようで、

 

やっていなかったこと。

 

 

余計なものがない、純粋な

 

意志の力、思いの力、

 

愛の力は、

 

本当は、ものすごくでかい!!

 

 

使命を果たすための力は、すでに、

 

みんなに与えられているのですね!

 

 

本当に本当に本当に!!やりたいことに

 

一所懸命に!

 

命を生かしていきたいと思います(*^^*)

 

愛のゲイト

  • 2017.04.17 Monday
  • 11:38

 

こんにちは!あいかです♪

 

桜の花びらが小川をピンクに染めています。

 

先週は、幻想的な桜吹雪の中、

 

お花見を楽しんでいる方がたくさんおられて、

 

本当に幸せな空間が拡がっていました。

 

 

太陽の光が、とてもやさしくて、

 

みんなを包み込んでくれていました。

 

太陽さんから、

 

大丈夫!いのちはみんなつながっている!

 

いのちは生きている!輝いている!

 

自然の中で響きを感じるだけでいいんだよ!

 

そう言われているような感じがしました^^

 

 

自然の中で深呼吸して、リラックスしていると

 

細胞も全開に開いて、生命エネルギーに満たされ

 

とっても元気になっていきます♪

 

 

こちらのブログでもたびたび登場しています、

 

「アミ 小さな宇宙人」(エンリケ・バリオス著)

 

という本、お読みになっている方も多いと思います。

 

開星した星、愛の法則のもとに一つになった惑星の様子、

 

人々の暮らしの様子が描かれています。

 

 

そこは、巨大ビルの大都会や人工衛星都市のようではなく、

 

様々な色彩の植物がじゅうたんのように一面を覆っていて、

 

銀色に輝く小川や、美しい湖、明るく陽気な人々…

 

とても豊かな世界が拡がっています。

 

 

まるで、夢のような、子どもの空想のようなお話で、

 

単なる想像の世界だろう、と思う方も多いですが、

 

たくさんの人が、この本を読んで共鳴しています。

 

(世界11か国語に訳されたロング&ベストセラー!)

 

この本を読むと、ワクワクしたり、幸せな感じになったり^^

 

 

それは、そんなのむりだろう!と頭が言っても、

 

心は、アミのような世界を求めているからだと思います。

 

 

そして、地球さんだって、そう成りたい!!と願っていて、

 

地球さんそのものも、生きていて、夢に向かって、

 

進化し続けています。

 

特に、今この時というのは、地球も人々も大きく飛躍する時で、

 

過去の延長ではなく、新しい世界に向かっています!!

 

 

それは、愛をベースとした、愛が共鳴する幸せの世界。

 

心を開き、愛を感じてみてください!!

 

私たちが本当に望む世界は、「愛」というゲイトの先にあります!

 

大切なのは、一人一人の愛。

 

いつか…とか、そのうちに…ではなく、

 

いまこそ、開くときです!!!

 

映画 チアダン より

  • 2017.04.07 Friday
  • 00:07

 

みなさま、こんにちは!照子です。^^

 

 

映画の話が出ていましたので、私からも映画の話題です。^^

 

 

「チアダン」を見てきました。

 

 

実話にもとづいたストーリーで、福井県のある高校のチアダンス部が

 

 

アメリカで優勝する!というものです。

 

 

(実際のチアダンス部の映像はYou tubeでも見られるようです。)

 

 

ストーリーはいろいろなドラマがあり、とてもおもしろいのですが、

 

 

特に私が感じたのは、今まで日本人の短所と言われていたようなことが、

 

 

じつは、ものすごいパワーになる!ということでした。

 

 

アメリカの会場で、日本チームの演技が始まる前に、司会者たちが笑いながら揶揄します。

 

 

日本人はそろえるのは(シンクロナイズは)上手なんだけどねえ、でもねえ、

 

 

それだけじゃないんだよねえ、あはは、という感じで。(台詞は正確ではないのですが)

 

 

今まで、日本人は一人では行動できなくていつも集団で個性がなくて・・・

 

 

という感じで言われることが多かったかと思います。

 

 

でもこのストーリーでは、それがものすごいパワーになりました。

 

 

なぜか?

 

 

お互いに信頼して、みんなで大きな目標を達成する、

 

 

そこに至るまでは、仲間たちが、ガチ!!!でやっていく、

 

 

でもみんなの心が一つになるとむずかしい踊りも調和して動けるようになる、

 

 

どんな壁も乗り越えていく強さになる。。。

 

 

そして、センターにいなくても、端っこにいても後ろにいても、

 

 

いつもセンターで踊るような明るい気持ちで踊る!

 

 

それは、チームみんなのため。

 

 

センターにいる人だけがかっこいいヒーローになるのではなく、みんなが主役!

 

 

そういうつもりで、みんなが全開のパワーを出す!

 

 

一人ひとりが持てる力をすべて出し切る底抜けの明るさは、

 

 

真に心を一つにしたチームだからこそ、と思います。

 

 

それは、みんなが全体のために動くという、

 

 

集団行動ができるからこそなのですね。

 

 

だから、個人が個性で目立つのではなく、全体が一つの個性となって光り輝く!

 

 

生徒たちも先生も、大変な道を歩んできて、でも全開で力を出し切って、優勝!

 

 

生徒たちが本気になるように、あえて厳しく接している先生の姿にも、感動でした。

 

 

ほかにも感動するところはたくさんありましたが、

 

 

みんなで一つになった最後の演技は、本当にかっこよかったです。^−^

 

 

みんなが主役、みんなが全開、みんながみんなのために。

 

 

そこには、絶対的な信頼、深い絆と大きな愛がある。

 

 

そんなことを思いました。^−^

 

 

楽しい映画でしたよ!

 

 

 

照子

愛と感謝を込めて∞

 

 

みんなのもの

  • 2017.03.14 Tuesday
  • 13:54

こんにちは!あいかです。

 

桜の木が、ほわっとしているな~と思って

 

よくみてみると、蕾がふくらんできていました。

 

足元には、オオイヌノフグリ、カラスノエンドウ、

 

ペンペン草やスミレ…かわいらしい草花にまた会えて、

 

とっても嬉しくなりました^^

 

 

大地やそこに存在している生命の息吹を感じていると、

 

確かに流れている、見えない力が、とても大きく計り知れなくて、

 

自然の偉大さ、尊さに圧倒されてしまいます。

 

 

地球という大きな生命体の中で、

 

動植物も、水も、空気も、すべてが循環していて、

 

人も、その流れの一部。

 

 

ふだん、当たり前のように、これは、「自分の体だ」と思って、

 

身の回りのものも、これは自分のものだ、と思っていますが、

 

本当は何ひとつとして、自分のものなんてないんだと、

 

逆に、全部が、地球さんのもの、みんなのものなんだと、

 

改めて思いました。

 

 

体も、まわりのものも、

 

地球さんにお借りしているもの。

 

 

尊く、美しい、この生命を、大切に使わせていただく、

 

みんなのため、地球さんのために活かしていく、

 

そんな意識が大事なんじゃないかなと感じました!

 

 

 

 

感性の翼をひろげて

  • 2017.03.03 Friday
  • 23:07

 

こんにちは!

 

みさきです。^^

 


アセンションを学び始めて、自分の中で大きく変化したと思うことの一つに

 

毎日の生活の中の何気ない一瞬に、感動することがとても増えたというのがあります。

 


道端に生える雑草の生命力の強さ、

 

スーパーにずらっと並ぶたくさんの野菜や果物の色彩のハーモニー。

 

 

公園の片隅で気持ちよさそうに日向ボッコをしている野良ネコ。

 

ネコに降り注ぐ太陽のキラキラした光。

 

 

朝、手をしっかりつないで、ニコニコ笑いながら

 

保育園に向かう背広姿のお父さんとお子さん。

 

 

世界は、本当に美しい、心打たれる瞬間に満ちています!!!

 

 

感動する=感性を豊かにするということ。

 

それは、自分を世界に対して開いていくことなのだと思います。

 

 

自分の感じることを心から信頼して、感性の翼を思いっきり広げてみる。

 

 

するとそこには無限の可能性の宇宙が広がっていて、

 

感動すれば感動するほど、また、よりたくさんの感動に出会えるようになり、

 

喜びとともに、もっともっと世界に自分を開いていけるようになっていく・・・^^

 


そして、それはどんどん本来の自分になっていくこと、

 

自分本来の光を輝かしてくことでもあると思うのです。

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM