クリスタル・チルドレンの想い

  • 2017.02.27 Monday
  • 14:22

 

みなさま、こんにちは!京子ですニコッ

 

 

我が家の11才の息子は、赤ちゃんの時からいつもニコニコしていて

 

人が大好きで、会う人みんなにハグしていた時期がありましたヤッタv

 

 

私が彼をクリスタル・チルドレン(※)だと最初に思ったのは

 

目を合す度に、あまりに澄み切った青みががった透明な瞳に

 

吸い込まれそうになる時でした。

 

宇宙まで見通せそうな透明な湖を見ているようでした。

 

 

そして、7才の時、初めて地球の絵を描いた時、彼がどれほど地球を愛しているかを知り、

 

明確に彼がクリスタル・チルドレンだと感じました。

 

 

<うつくしいちきゅう>

http://nmcaa-kyoko.sakura.ne.jp/library/pdf/our-earth_akira.pdf

 

 

※クリスタル・チルドレンにつきまして、過去記事

 

「クリスタル・チルドレンとは!?」

 

「クリスタル・チルドレンとは(その2)!?」

 

に綴っております^^

 

 

゚・*:.。. .。.:*・゜ ゚・*:.。. .。.:*・゜ ゚・*:.。. .。.:*・゜ ゚・*:.。. .。.:*・゜ ゚・*:.。. .。.:*・゜

 

アセンションアカデミーのクリスタル部門で学んでいる彼も11才になりました!!

 

 

先日、ファシリテーターの方と「意志の柱」についてお話をする機会がありました。

 

 

ファシリテーター:あなたの意志の柱はどのような時に立ちますか?

 

息子:「地球を絶対に『愛の星』にする!!!」と思う時です。

 

ファシリテーター:その想いが「ちょっと諦めちゃおうかな」

         と弱気になったことはありませんでしたか?

 

息子:ないです!!!

 

 

私の知る限り、彼は生まれてから今までずっと、

 

地球さんに対して「大好き」という言葉では到底表現しきれないほどの想いがあって

 

「地球を愛の星にする!!!」という想いが常に「当たり前のこと」としてあったことに

 

気がつきました。

 

 

この時、その想いとは、彼の「いのち」そのものだと感じました。

 

 

「いのち」の存在目的=「いのち」が本当にやりたいことを

 

「いのちの声」に従って、ただ純粋にやりたいと願っているのを感じました。

 

理屈ではない「いのちの真実」を感じました。

 

 

クリスタル・チルドレンは水晶のような心でいるので

 

「いのちの声」にいつも繋がっているのだな、と感じました。

 

 

そして、私自身、これまで何度となく深く「いのちの声」を感じてきましたが

 

今回も彼と同じ想いにいきつきました。

 

 

新しい地球の文明=「愛の星・地球」を創造していくために何をすればいいのか!?

 

その答えは、「いのちの声」が教えてくれます^^

 

 

今、私の「いのちの声」は「このことをみなさまにお伝えしたい!!!」

 

と大音量で叫んでおります^^

 

 

みなさまも、心の雑念を一旦、空っぽにして、

 

澄んだ湖のさざ波一つない湖面になっている心を感じて、

 

「いのちの声」に耳を澄ませてみてくださいぴのこ:)

 

 

そして、その声に従って、行動してみてくださいき

 

ぜひ、命のワクワク、歓び、幸せを体験してみてくださいにじ

 

 

最後までお読みくださり、ありがとうございましたハート

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM