愛のひと

  • 2017.12.16 Saturday
  • 10:34

みなさん こんにちは。紅華です。

 

金融資本市場では、内在するリスクを、擬人化したり、動物に例えたりします。

最近は「灰色のサイ」という例えが意識されているようです。

一般的にサイは灰色でおとなしく、いろいろな所に居るので、人々は関心を向けませんが、

暴走すると甚大な問題を引き起こすとして使われています。

 

でも「灰色のサイ」はなぜここに居るのかすら分かっていないでしょうし、誰にも関心を持ってもらえず、震えているかもしれません。

 

本来、地上に生まれた生き物は皆、愛のこころを持っています。

 

愛のこころを、別の相手に贈ると愛はエネルギーになります。

 

愛のエネルギーは、相手の存在価値を認めることができます。

 

そして愛のエネルギーは、また別の人へ贈られて、どんどんつながっていくものです。

 

小さな愛の鎖かも知れませんが、その鎖がどんどんつながって行ったら、

 

人だけではなく、すべての地上の生物が、共存、共鳴できる世界を創ることができるはずです。

 

先ずは身近な人に愛のエネルギーを贈ってみましょう。

美味しいものをもらったら、半分分けてあげる。

泣いている人がいたら、傍に寄り添い、理由を聞いてあげる。

 

「灰色のサイ」を見つけたら、安心して暮らせる場所に移してあげる・・・

 

愛のエネルギーを贈られた「灰色のサイ」は、

愛を発する「愛のひと」になります。

🎁💖💕💞💝🎄

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM