”清明”の頃

  • 2018.04.05 Thursday
  • 00:00

 

 

こんにちは! みさきです。^^


早くも桜はおわり、新緑が眩しい季節になってきましたね!


2018年4月5日は、1年を24の季節に分けた暦、

 

二十四節気で『清明』にあたるそうです。

 


”すべてのものが清らかに生き生きとするころ”、

 

『清浄明潔』を略して 『清明』という、という説もあるそうです。

 

 

今日もとってもクリアな青空が広がっていて、

 

日差しも暖かく、草木の芽吹きは

 

目の前でどんどん大きくなっていきそうなくらいの勢いを感じさせました。

 

 

私もウキウキと歩いていたら、

 

街中でしたが、まるで喜びを歌をうたっているような

 

軽やか鳥の鳴き声まで聞こえてきて、ますます心が踊りました。

 

 

まさに、今は ”万物が若返り、清々しく明るく美しい季節”、『清明』!

 

 

なんてぴったりな言葉で、自然、季節の移り変わりを表現したのだろうと

 

昔の人の研ぎ澄まされた感性に本当に感動です。

 

 

そして、古来より日本では 純粋で明朗で、曇りない心を

 

”清明心”といって尊んできたというお話をふと思いだしました。

 

 

私たちを取り巻く外の世界に”清らかな明るさ”を見つけるだけでなく、

 

人の心、私たちの内なる世界にも"清らかな明るさ”を見る。

 

 

それは、自分の内と外の世界両方の”生命の光”を感じて、

 

その光に自分の意識と心も開いているということなんだな、と思いました。

 

 

昔の人たちは、それをきっと日々の生活の中で

 

自然にやっていたのでしょうね。^^

 

 

想像して私もやってみたら、気持ちも身体もぐーんとのびのびして、

 

とてもすっきりした幸せな気持ちに包まれてきました!
 

 

この美しい『清明』の頃。

 

 

世界からも自分の中からも、清々しい、生き生きとした、

 

喜びの光をめいっぱい感じて、響き合っていきましょう〜!

 

 

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM