持続可能な世界になるために

  • 2018.12.21 Friday
  • 23:20

 

みなさま、こんにちは!照子です。^^

 

いつもお読みいただき、ありがとうございます!

 

持続可能な社会とは、ということは前から言われていますが、持続可能な開発目標「SDGs」とは、国連の開発目標です。

 

これはビジネス用語として使われることが多いかもしれません。

 

ですが、最近は、自分の事として考えてみる、ということが提唱されているようです。

 

つまり、子供や孫の世代に美しい地球を残せるように、持続可能であることかどうか、自分の事として考え、行動するということだそうです。

 

その心は、地球レベル、世界レベルで、「誰も置き去りにしない」ということ。

 

そのために、国や企業だけでなく、一人ひとりが、自分に何ができるか、考える。

 

おかしいと思うことがあったら、行動してみる。

 

それは、何かルールや規定に頼るのではなく、自分のハートでも考えることが大事。

 

たとえば、海洋プラスチックのゴミや食品の廃棄など、一人ひとりにも気づいてできることはたくさんありそうです。^^

 

それは、やらねばならない、というよりも、みんなのために自分にできることをやろう、というハートから出るのですね。

 

このSDGsの考えは、2020年以降、小学校や中学校でも使われていく予定だそうですが、すでに、取り組みを始めている学校もあり、東京のある小学校はアワードを受賞したそうです。

 

1年生からこのような学びを積み上げてきて、子どもたちがテーマを決めて好奇心を持って学べる環境作りをしているそうです。

 

自分たちで考える、取り組む、ということは、頭を使うだけでなく、どうやったらみんなが同じ地球の上で幸せになれるのか、と、広く大きい視点を持って、みんなのためにやっていくことだなと思いました。

 

山形県のあるNPOでは、廃棄された車のシートベルトを海藻に見立てて海中で使い、魚介類の産卵床にしているそうですが、とても珍しい取り組みだそうです。

 

ゴミから再生品、そして新しい命を生み出す場へ。

 

資源を大事にして循環していくことは、自分たちのためだけでなく、次の世代への大切な思いやりでもありますので、美しい地球を子供や孫に引き継いでいきたいと思います。

 

自分の事として、周りを見てみると、思いがけない発見や改善がたくさんありそうですね。

 

 

照子

愛と感謝を込めて∞

 

 

 

 

スポンサーサイト

  • 2019.01.20 Sunday
  • 23:20
  • 0
    • -
    • -
    • -

    PR

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << January 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM